×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

宅建勉強法 独学で合格!TOP > その他の宅建教材 > 宅建短期合格塾

宅建短期合格塾について

宅建短期合格勉強術 合格速習プログラム/パーフェクト宅建受験用語集・合格保証付



他にも多くの方から、合格のご報告をいただいております!!
私は、これまでに何百人という受験者の方を指導し、合格に導いてきました。

どの受験者の方も、最初は「本当に独学で合格できるのか」、「どうやって
勉強時間を確保すればいいのか」そんな多くの悩みを抱えています。
それらの答えを私は持っています。ですから、少しだけ私におつきあい下さい。



最初に、私からあなたに2つほど質問があります。まず、
宅建に合格した後のことを想像してみて下さい。
宅建に合格すれば、
このように、あなたには多くのチャンスが与えられます。
しかしだからこそ、宅建は毎年20万人以上の人が受験します。
そして9割近くが落ちる試験なのです。

もしかして、次のように考えていませんか?
最初に言っておきます。
ですから、このサイトは、以下のような人のためのものです。
なんとしても今年一発で宅建に合格したい人
忙しい社会人で、最小限の勉強で宅建合格という結果を勝ち取りたい人
宅建のために資格学校に20万円もお金を払うのがもったいない人
通信講座代の10万円もかけず、安く宅建に合格したい人
これから宅建の勉強を始めたいと思っているが、勉強の仕方がわからない人
宅建の勉強を始めてみたが、このままの勉強で合格できるのか不安な人
これまで何度宅建を受験しても不合格で、今年こそなんとか合格したい人
上のチェック項目にあてはまる人は、このサイトを最後まで読んでみてください。
私があなたを宅建短期合格に導きます


私が宅建を受けると言うと、会社のみんなは笑いました。
でも、宅建の合格発表の日には、・・・
不動産と無関係な会社で働いていた私が宅建を受けようと思ったきっかけは、
会社の上司の一声でした。
「会社で資格手当を出すから、誰か宅建を取ってくれないか?」
それがきっかけで、私の周りでは10人以上が宅建の勉強を始めました。
みんな、それぞれ資格学校や宅建の通信講座を比較して申し込んで、勉強していました。
しかし私は、そんな同僚たちを横目で見ながら、忙しく毎日を過ごしていました。

ところが7月のある日、同僚の一人が私を馬鹿にしているのを聞いてしまったのです。
彼は別の同僚に「あいつはダメだ。宅建どころか、仕事もできやしない」などと、
あからさまに私のことを小ばかにしていました。
その夜、私は宅建を受けてみようと決意しました。
翌日すぐに願書を取り寄せて、会社で宅建を受験することを宣言しました。
そのとき、会社の同僚たちは口々に私に言いました。「お前が受かるわけがない」と。
このこともまた、私の決意を後押ししました。

受験願書を出した後、とりあえず本屋で目についた宅建の本を買ってみました。
正直に言いましょう。まったく意味がわかりませんでした。
よくわからない難解な法律用語ばかりで頭がクラクラします。
それでもがんばって読みました。

全然頭に入らず睡魔が襲ってきます。10ページも読めませんでした。
仕事も忙しく、その後もまるでまとまった勉強時間が取れず、
私があがいてる間も時間は刻々と過ぎていきました。

8月も半ばを過ぎたとき、このままじゃダメだと悟りました。
このままいけば間違いなく不合格です。

誰も相談する相手もなく、目の前が真っ暗になりました。
そして最初に立ち返りました。「そうだ。勉強法が間違っていたんじゃないのか。」
「短期で宅建に合格できる方法がきっとあるはずだ。」

私は、社会人の宅建短期合格には何をすればいいのか、調べることにしました。
無駄な時間は使えません。もっとも効率的な勉強法をとらなければなりません。

そこで私は、世の中のさまざまな勉強法・記憶術の本を読み、
また多くの資格合格者に共通する要素をピックアップし、考え、考え、考えました。

本の中にも役に立つ本と立たない本がありました。役に立たない本は捨て、役に立つ本の
使える部分のみをピックアップし、整理し、宅建の勉強に当てはめていきました。

そしてその全てを1つの勉強法としてまとめていきました。
9月に入った頃、全ての知識が1つの勉強プランにまとまりました。
特に重要なある方法に気づいたときは、目からうろこが落ちたようでした。

あとは試験日までの一ヶ月は、その実践と試行錯誤の毎日でした。
本試験が終わったとき、私は、例えようのない手ごたえを感じることができました。
私が受けた年の宅建試験は、例年にもまして難しく、合格点が前年より2点下でした。
それだけその年は、他の受験者が得点するのが難しかったということです。
そんな本試験で私は40点以上という、合格ラインより遥かに高い点数がとれていました。

当然合格です。

夕方の回答速報で答え合わせしたとき、妻と二人思わず涙ぐんだのを覚えています。

ただ合格発表があるまで、安心はできません。マークシートの記入ミスもありえます。

合格発表があるまで、会社の中でも黙っていることにしました。
私を馬鹿にした同僚は「どうだった?わからなかっただろ?」などと私に言いましたが、
はらわたが煮えくり返るような思いで、じっと合格発表を待ちました。
そして合格発表の日、聞いてみたら、なんと私以外全員不合格でした。
そう、資格学校や通信講座で勉強していた同僚は、誰一人合格できなかったのです。

これには驚きました。私は自分の生み出した勉強法で、大したお金をかけることもなく、
資格学校や通信講座に通っていた同僚たちに勝つことができたのです。
それからというもの、私は自分に自信が持てましたし、会社の中でも一目置かれるように
なりました。

当然資格手当という形で、給与も上がりました。

私のことを小馬鹿にした同僚は、私に対し頭が上がらなくなりました。
それからは自分に自信がつきました。
翌年は自分の勉強法を使って、たった3ヶ月で行政書士試験にも合格しました。

そして行政書士として独立し業務に追われる中で、私は自分の勉強術を広く公開し、
あなたのような、後に続く宅建受験者のお役に立ちたいと思うようになりました。

宅建は私の人生を変えてくれたきっかけとなった試験です。

「あとに続く皆さんにも、私と同じように人生を変えてもらいたい!」
そう思い、行政書士として働く傍らで宅建受験者の指導に勤め、
自分の勉強法を磨き上げ、全宅建受験者にお薦めできる超短期・独学勉強法として、
ここにまとめあげました。

人間誰でも、楽して結果を出したいと思うのは当たり前です。私もそうでした。

あなたもこれから宅建を勉強するにあたって、気持ちのどこかで、
「でも、勉強するのが面倒くさいよな」って思っていないでしょうか?
はっきり言いましょう。 それでいいんです。

もちろん必要最小限の勉強はしなければなりません。

「楽して合格」とは、「ムダなことは一切しない」ということです。

あなたが学生ならともかく、社会に出て働いている社会人なら、
一日の勉強時間なんて、そう何時間も取れるものじゃありません。
ムダなことをしていたら、短期で一発合格なんて絶対にできません。
宅建を何回も落ちている人に共通するのは、ムダなことに勉強時間を取られてしまって、
本当に必要なことをしていないということです。
私が、あなたが宅建に合格するために本当に必要なことだけをお教えします。

あなたが忙しい社会人なら、こう思っていませんか?
「毎日忙しくて、夜は疲れてるし、まとまった勉強時間なんか取れないよ。」
これもお答えしましょう。大丈夫です。

超短期の試験勉強で宅建をとった私も、まとまった勉強時間なんか取れませんでした。
なのに合格できた理由の1つは、毎日の隙間時間をうまく利用したからです。

人間には移動時間やトイレの時間など、わずかな隙間時間がかなりあります。

それらをまとめると何時間にもなります。勉強時間には十分です。
さらに人間というのは、そういう「〜しながら」の時間のほうが、机に向かっている
ときよりも、記憶の定着が良いという欧米の研究結果もあります。
その隙間時間を使って、何をすれば宅建合格に結びつくのか、私がお教えします。

資格学校や通信講座では、宅建講座に対し10万も20万もの高い学費を取って、
さらに受講者に1冊5千円もする高額のテキストを何冊も買わせます。
これはムダな出費です。宅建は、効率的な勉強方法だけ身につければ、独学でも
十分に合格できる試験です。テキストも安い市販の本で十分です。

ただ市販の本の選び方・使い方を知っていなければなりません。
市販の本の選び方を間違えると、それだけで宅建の短期合格は困難になります。

自分にあったテキストをもとに勉強ができるか、これは大きなポイントなのです。

また私の合格法も、市販の本のみをもとにあなたにお伝えします。
何度宅建を受験されても不合格の人で一番よくないのが、テキストを何冊も買って、
市販のテキストを渡り歩くことです。しかも山積みになったテキストを見て、自分は勉強
している気になってしまう。これではいつまでたっても合格なんかできません。

私が宅建合格に必要なおすすめの本と、その使い方をお教えします。

その他、あなたは宅建短期合格勉強術で、以下のようなノウハウを知ることができます。

これらのノウハウによって、あなたの合格確率は飛躍的に上がります。
あなたは以上のノウハウを知っていますか?
宅建試験に短期で合格できる人と、できない人の違いは、
短期合格のための勉強法・ノウハウを知っているかどうか、それだけの違いなのです。

毎年宅建に落ちて、何年も何年も宅建を受け続けたいですか?
この宅建短期合格勉強術によってあなたは
このように、自信を持って宅建の勉強・本試験に臨むことができるようになります。

さてあなたは、この宅建短期合格プログラムにどれだけの価値をつけますか?
宅建の資格学校や通信講座では、ただ独自のテキストをもとに勉強させるというだけで
10万円、20万円といった、とても高額な受講費用をとるのが一般的です。

これは高すぎます。
資格学校の独自のテキストも、市販のテキストも、ほとんど内容は変わりません。

しかも資格学校や通信講座は、合格へのノウハウなんかろくに教えてくれません。

独自のテキストを使おうが、市販の本をテキストに使おうが、勉強するのはあなたです。
何も変わりません。

それなのに、20万円もの高額な受講料をとるのは、資格学校が商売だからです。

私は、この宅建短期合格プログラムを、今年は200人限定で、
モニター価格として、19,800円 →9,800円で提供させていただきます。

しかし、これでも高いと思う人もいるかもしれません。
そんな人のために、合格お祝い金という制度を設けてあります。

詳しくは後で述べますが、
あなたが合格した暁には、4,000円をお祝い金としてお支払いたします。

つまりあなたは実質たった5,800円で、この宅建短期合格プログラムを学び、
宅建短期合格を達成することができます。

また、申込いただいた方には、宅建合格までずっと役立つ、総項目560に及ぶ、
オリジナルの宅建受験用語集(3,000円相当)をお付けいたします。
宅建では50もの法律とともに、膨大な法律用語を学ばなければなりません。

項目総数560、独学での宅建合格に必要な全ての法律用語・専門用語を網羅した
この受験用語集は、最後まであなたの勉強の助けになってくれるはずです。

そしてこの短期合格プログラムで宅建に合格すれば、10万円20万円の受講料なら
ともかく、5,800円なんて金額は、仕事であっという間に戻ってきます。

私が資格学校のように高額の受講料にせず、この価格にしたのは、できるだけ多くの
受験者の方にこの合格プログラムを実践していただき、宅建に合格してもらいたいからです。

私がかつて味わった合格の喜びを、あなたにも味わってもらいたいのです。

あなたもこの短期合格プログラムでぜひ宅建合格を勝ち取って下さい!
このプログラムには、宅建の短期合格に必要な全ての情報が詰まっています。


そしてあなたにやる気さえあれば、私が全力でサポートします。
どうかこのプログラムで短期合格を勝ち取って、夢に向かって羽ばたいて下さい。





 

その他の宅建教材記事一覧

不合格から学ぶ合格法

不合格から学ぶ合格法(全資格試験共通編、宅建、社会福祉士、ケアマネージャー、社会保険労務士、登録販売者、ITパスポート、貸金業務取扱主任者、簿記、土地家屋調査士、司法書士、中小企業...

宅建短期合格塾

宅建短期合格勉強術 合格速習プログラム/パーフェクト宅建受験用語集・合格保証付他にも多くの方から、合格のご報告をいただいております!!私は、これまでに何百人という受験者...

1日わずか30分宅建合格プログラム

1日わずか30分宅建合格プログラムいかがですか?守れそうでしょうか?もし『毎日30分でも続けるのは無理だ。』そう思われるなら、この先を読み進めてもあなたの時間を無駄にす...