×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

宅建勉強法 独学で合格!TOP > その他の宅建教材 > 1日わずか30分宅建合格プログラム

1日わずか30分宅建合格プログラムについて

1日わずか30分宅建合格プログラム



いかがですか?守れそうでしょうか?もし『毎日30分でも続けるのは無理だ。』
そう思われるなら、この先を読み進めてもあなたの時間を無駄にするだけなので、今すぐ当サイトを閉じてください。

大丈夫ですか? それでは、決して読み飛ばさずにこのサイトをお読みください。

大げさではなく、これからお伝えすることは あなたの人生を大きく左右させることになります。

自己紹介が遅れました。初めまして、藤本修です。
恥かしい話なのですが簡単に私の経歴をお話しておきたいと思います。
挫折からのスタート
私は1955年、神奈川県横浜市に生まれました。
地元の公立小学校、中学校を卒業し、私立の高校へ入学、そのままエスカレータ式に大学へ進学、大学卒業後も「司法試験現役合格」のタイトルが欲しかっただけの理由で大学院へ親のすねをかじらせてもらい進学しました。

しかし夢は叶わず、失意のまま就職活動をすることに。 東証二部上場の商社の経理部に入社後、今までの司法試験勉強の毎日とはかけ離れた、社会人としての生活が始まりました。

なんとか仕事を覚えてほっとした夏過ぎ、「これでいいのか」という問いかけが自分自身に起きました。「自分の夢をこのまま終わりにはできない」そう思い、入社して1年を待たず、辞表を提出して再び受験生活に戻りました。

無職で受験浪人はできないので、学習塾の社員講師をやりながら勉強しました。そんな当時、画期的な合格方法論でぐんぐん実績を伸ばしているスクールが東京にあることを知りました。
私の勤務先は横浜。仕事帰りの通学はできないが、通信講座でならと思い、当時のお金で20万円という高額の受講料を支払い、択一試験用の講座を受講し始めました。

しかし、
送られてきた圧倒的なカセット講座の物量とペースに、次第に付いていけなくなり、ついにはテープが送られてきても封を開けることすらない「つんどく」状態が続きました。

そんな時、たまたま見た就職情報誌に、そのスクールの職員募集の広告が載っているのをみて迷わず応募し、採用となりました。
職種は事務局長でした。 その後、会社はどんどん発展し、私も事務局長の次は受講生対応部署の責任者をやり、さらに生徒募集の企画担当となりました。 そんな折、会社は多角化を実現し、言われた一言が私の運命を大きく変えました。

「藤本、宅建の講師をやれ」
「スタッフをまとめながら仕事を管理し、テキスト作成から講師まで全てをやってみろ。」と言われたのです。

今から23年前の秋のことでした。

幸い集まったスタッフはみな優秀で彼らと知恵を絞った結果、出来上がったのが、試験に出る順に項目を並べて説明していくという当時としては斬新で画期的な企画本、「○る順宅建」という教材で、これはベストセラーにもなりました。

バブル絶頂期、企業研修はたくさん受注できました。誰でも不動産屋さんになろうとして、宅建の受験がブームになっていました。
そんな中、不動産会社の社員の方たちは真剣でした。宅建を取れなくては仕事にならないからです。

しかし銀行員の方たちと比べると、どうしても“結果が悪い”のです。銀行の人たちは土日が決まって休みであることに加え、資質的にも勉強を得意として人生を過ごしてきた人たちです。

これに対して不動産会社の方たちは、会社の宅建に対する取り組み方で大きく結果が分かれていました。 人事部が強く宅建取得対策を会社で当然のようにできるところは合格率も高かったのですが、そんなことが出来る会社はほんの一握りです。

多くの不動産会社は、仕事優先で勉強は後回し。
研修会場に出て来られるだけマシという状態です。出て来られても、仕事で忙しく疲れていますから、しばらくすると寝てしまう。
仕事で疲れた上に、宅建の勉強で疲れる。当然、出席した講義の内容もおぼつかなくなってきます。そして次第に、講義に来なくなる・・・。結果は合格名簿に載らない。

無理もありません。でも、この人たちが一方的に悪いのではないのです。指導の体制にも大きく改善の余地があるわけです。

その後大手資格スクールの宅建講師として様々な場所で講義を行ってきましたが、大抵どこも方針は同じです。
成績優秀者を確実に受からせるように、悪い言い方をすれば多くの予習・復習を必要とする講義についてこれない人たちは・・・という格数重視の経営スタイルです。

成績下位者に合わせてしまうと経営的に合格数が伸びなく厳しい。 言ってしまえばスクール経営の犠牲になってしまうわけです。
所詮は、組織の一員です。大勢の社員や彼らが尊重するトップの意向に逆らって自分の理想を追求できるはずがありません。真実は多数決では決まらないはずなのですが。

「おかしい・・・」宅建の指導をしながら23年間抱えていた悩みでした。今まで本当に合格させてあげたいと思った、過去に大量のカセットテープに挫折した私のような生徒たちを見過ごしたくない・・・。 そう思いながらも、今日まで自分の気持ちを偽り宅建指導を続けてきました。

しかしもはや限界です。今まで本当に合格させてあげたいと思った方々にスクールでは教えることの出来なかった合格の最短ルートを教えたい。
そう思って23年間培ってきた私の全てをこのプログラムにつぎ込みました。 たしかにこのマニュアルは 学生のうちに資格を取りたい方や初めて宅建を受ける方にも効果的です。
しかし私は長年宅建業界の犠牲になってきた方、一度受験をあきらめてしまったようなあなたのために本書を書きました。

23年も掛かりましたが、やっと勇気を持つことが出来ました。 業界全てを敵に回す覚悟でこのマニュアルを公開します。
業界最短の勉強時間で
合格できるマニュアル『1日30分〜?そんな美味しい話あるわけないだろ』そう思われていることでしょう。

それでは さらにうさんくさいお話をしましょう(笑) このマニュアルで勉強すると一般的にどの資格スクールや通信講座の内容を見ても、初学者(初めて宅建を勉強する人)の必要学習時間は最低でも100〜120時間必要だと言われています。

しかしこのマニュアルを習得し、合格するのに必要な勉強時間は60時間、およそ半分です。 なぜ他の大手スクールなどの半分で良いのでしょうか。はっきり言います。大手資格スクールで必要とされているような勉強量は合格のために必要ではありません。

実際はその6,7割をしっかりとこなせば余裕を持って受かるのです。
そして知識をインプットする勉強を辞め、最初からアウトプットに慣れる練習をすることで 合格率はさらに高まります。

知識として「わかった」となることは日本の教育上大切だとされています。 しかし、点数を取る上、合格する上でそれは必要ありません。重要な部分は基本的に何も変わりません。毎年私が“すり替え”と呼んでいる 「問題の一部だけをすり替えている問題が非常に多い」のです。

そのすり替えられるポイントと学習の仕方などをこの宅建合格マニュアルではお伝えしています。なぜ1日30分なのか
この中で最も大きい理由は誰でも合格を勝ち取れるものにしたいということでした。
このサイトを開設した理由にもあたるのですが、 この宅建合格マニュアルは1日30分、約4ヶ月の勉強で合格できる内容です。よく、1か月で受かるというようなマニュアルがありますが、中身を見るとひどい物です。
結局1日4時間、30日丸々勉強すればという前提があるわけです。 基本的にこの100時間という枠は外せません。
それぐらい勉強しないと宅建は受からないものだからです。

では、この宅建合格マニュアルはというと・・・ 1日30分で120日、合計60時間 「60時間」と聞くと漠然としてわかりづらいかもしれませんが これは1日3時間勉強すれば20日で受かることになる驚異的な数字です。もっと良いものがあるかもしれないじゃないか?とあなたは思われることでしょう。 ですので私はこんな保証をお付けすることに致しました。

藤本からの2つのお約束

1.このマニュアルは宅建の中でも最も短期間の学習時間で合格できるマニュアルだと自負しています。他のマニュアルでこのマニュアルより、即ち合計勉強時間が59時間以下でも「受かる」ものがあったら私に教えてください。 当マニュアル代金を全額返金させていただいた上で、必ずそれを超えるものを作り上げることをお約束致します。

2.当たり前ですが、このマニュアルの通りに勉強して受からないようなことがあれば返金させていただきます。 洋服の衝動買いとは違います。 英会話スクールに行って英会話が出来るようにならなかったらお金を返してもらいたいですよね? 法科大学院にいって真剣に勉強したのに司法試験に通らなかったら受講料を返してもらいたいですよね? 本来、ビジネス上はそういった方々に返品をするのは経営上非常に苦しいです。

しかし、私はこのマニュアルに絶対の自信を持っています。同時に宅建を目指している人をこれ以上一人も見捨てたくありません。
ですのでもしこのマニュアルを勉強して受からなければ当然ながら商品代金は全額返金致します。

ですから、あなたも私を信じてついてきてください。
あなたが今まで合格できていないのは
こんな理由ではないでしょうか・・・?
今までは立場上決して言えませんでした。
受からなかったのは
あなたのせいではない私は強くこの事を伝えたいのです。
はっきりいって、毎日2時間の予習・復習が出来れば独学だって受かります。
資格スクールは合格実績を出さなければいけないので、しっかりと合格できるだけの知識を受講生に覚えてもらおうと膨大な量を受講生に強いるものです。
はたして、これだけの量を学習することを常識として正当化して良いのか? 本当にこれだけの勉強量が合格するために必要なのか?資格スクールでは
必要以上の勉強を強いられるこのマニュアルで説く勉強法はそうした常識を覆す方法です。

「60時間」と聞くと漠然としてわかりづらいかもしれませんが これは1日3時間勉強すれば20日で受かることになる驚異的な数字です。ただし、実際に詰め込んで受験の直前20日しか勉強しないということは絶対しないでください。毎日3時間というのは普通に考えて20日も続くものではありません・・・。
勉強が嫌いな人も挫折させない先ほども話しましたが1日30分にこだわった最も大きな理由がこれです。 どんな人でも受からせるという自信を持って作りました。 毎日30分であれば、どんな人にも作れる時間です。 やる気さえあれば、決して継続が難しい長さではありません。毎日30分
必ず毎日30分の時間を作れる
最初の約束、覚えていますか? 1時間でも2時間でもありません。 毎日30分の時間を作れると約束できますね?
もう十分にお分かりだと思いますが、後はあなたの宅建に対する情熱の問題です。 大丈夫ですね?
それでは、一部ですが内容を公開しましょう。


1日わずか30分宅建合格プログラム


 

その他の宅建教材記事一覧

不合格から学ぶ合格法

不合格から学ぶ合格法(全資格試験共通編、宅建、社会福祉士、ケアマネージャー、社会保険労務士、登録販売者、ITパスポート、貸金業務取扱主任者、簿記、土地家屋調査士、司法書士、中小企業...

宅建短期合格塾

宅建短期合格勉強術 合格速習プログラム/パーフェクト宅建受験用語集・合格保証付他にも多くの方から、合格のご報告をいただいております!!私は、これまでに何百人という受験者...

1日わずか30分宅建合格プログラム

1日わずか30分宅建合格プログラムいかがですか?守れそうでしょうか?もし『毎日30分でも続けるのは無理だ。』そう思われるなら、この先を読み進めてもあなたの時間を無駄にす...